ブログ運営

小一の壁の乗り越え方〜学童に入れたくない私の場合

小一の壁は乗り越えられる?

小一の壁とは、子どもが小学校に入学して仕事と子育ての両立が厳しくなる状況のことで、働くママ&パパを悩ませる大きな問題。

  • 保育園のように夜まで見てもらえない
  • 夏休みはお弁当が必要
  • 学童の係や行事など、親がしなければならいことが多い

など、地域や施設によっても異なりますが保育園の頃よりも大変になることは確実です。

4月から小学校に通う息子をもつ私も、まさに小一の壁にぶつかるママの一人。

今回は私が小一の壁を乗り越えるために行ったことをご紹介します。

スポンサーリンク

私は学童に入れたくない!

私は専業主婦ではなく、仕事をやめるということは選択肢には入っていません。

でも、息子を学童に入れずに育てるにはどうすればいいか……と、息子が生まれてからずっと考えてました。

学童に入れたくなかった理由は……

入ってしまえば楽しく通うのかもしれないんですけど、私自身が子供の頃学童に通うのが苦手だった記憶があったんです。

また、保育園でも結構気を使って頑張ってる感じがある息子なので、小学校と学童と、両方に通わせるのはなぁ……というのもありました。

co_panda
co_panda
自分が鍵っ子だったから、おうちにお母さんがいるっていうのが羨ましかったのかもしれません。

とはいえ、自分が通っていた経験から、学童に入るメリットもあるのはわかっていたので、結局どうするか決心するまでも時間がかかりました。

小一の壁の乗り越え方①仕事をチェンジ

co_panda
co_panda
小一の壁の乗り越え方にはいろんな方法があると思います。私の場合は「学童に入れない」ということを意識した方法です。

実際に、「これでイケる!」と確信できたのが息子が年長さんの夏頃。

結構ギリギリでした。

秋にあった就学前健診で学童に通うかどうか聞かれたので、間に合ってよかった〜って思いました。

そんな私が選んだ息子を学童に入れず、収入も減らさずに働く仕事についてご紹介します。

夏休みを乗り越えられる仕事ってなんだろう?

小一の壁って、入学直後も高いですけど一番高いのって夏休みじゃないでしょうか。

保育園だと7月8月も普通に見てもらえるし、給食もある。

それがなくなるのは結構大変ですよね。

夏休みを乗り越えることを考えると、外に働きに行くよりも在宅でできる仕事で稼ぐ方が現実的なのでは……?

在宅での勤務が可能な職種なら会社に相談するということもできるのかもしれませんが、私は服屋勤務だったのでそれは無理。

それならば……と考えた私が選んだのがWebライターの仕事でした。

小一の壁の乗り越え方②Webライターってなに?

もともと服屋で働いていた私が選んだWebライターの仕事は、様々なメディアやサイトの記事を書く仕事。

初心者Webライターでもクラウドソーシングサイトを見るとたくさんの仕事の募集が見つかります。

クラウドソーシングとは

オンラインでいろんな人に仕事を発注するサービスのこと。基本的に1案件ごとに契約をして仕事をするので自分がやりたい分だけ仕事をすることができます。

はじめは文字数が短めの案件を試してみて、慣れてきたら仕事の量や文字数などを増やす……など自分に合わせて仕事が進められるので初心者でも安心でした。

私が在宅での仕事をはじめてから利用しているのがクラウドワークス というサイトです。そのほかにもたくさんのサイトがあるので、いくつか使ってみて仕事しやすいサイトを見つけるといいと思います。

おすすめのクラウドソーシング

  • クラウドワークス
  • シュフティ
  • サグーワークス
  • ランサーズ

 

Webライターで稼げるの?

Webライターの仕事って単価が安いって聞くけど……

そうなんです。

最初は自分にできそうな仕事は単価が安いものしかないし、時給に換算すると100円あるかないか……っていう時期もありました。

でも、続けている間に単価が高い仕事ができるようになったり、仕事のスピードが上がってちゃんと稼げるようになりました!

co_panda
co_panda
こなす仕事の量などで変動はしますが、だいたい12〜20万円くらい稼ぐことは可能でした!

Webライターの仕事で稼ぐPOINT

  • とりあえず続けてみる!
  • 自分が楽しく書けそうな案件だけに応募する
  • プロフィールを充実させる

やはり単価が低くてなかなか稼げないと辞めたくなっちゃうんですけど、まず1ヶ月必死にやってみる!

そしたら結構書くことに慣れて仕事が楽しく、単価が高い仕事も増えてくるはずです。

co_panda
co_panda
利用しているクラウドソーシングの「プロフィール」を書くページはそこから仕事につながる場合もあるので、できることや得意なこと、苦手な分野など詳しく丁寧に書くのがおすすめです!

スポンサーリンク

小一の壁の乗り越え方③自分でサイトを立ち上げた

Webライターの仕事を2年ほど続けると、だいたい時給で900〜1000円くらいで仕事ができるようになりました。

私は仕事の時間を確保するために朝5時起きをしているので、平日7〜8時間ほど働くことができます。

友人
友人
それだけあれば大丈夫そうだね!

でも、ちょっと考えました。

co_panda
co_panda
このままだと稼ぐためには時間が必要なまま……。小一の壁乗り越えられないかもしれない……。

そこで、Webライターの仕事と継続して自分のサイトを立ち上げることに。

自分のサイトで広告収入を得ることで、働いていない時間にも収入が発生する状態にしようと思ったんです。

広告収入ってなに?

テレビや雑誌で見かける広告と同じで、サイトやブログでも広告収入を得ることができます。

  • インプレッション報酬:広告が表示された回数に対して得られる
  • クリック報酬:広告がクリックされた回数に対して得られる
  • 成果報酬型広告:広告がクリックされて、その商品が売れた時に得られる

注意点!サイト運営を収入の柱にするには時間がかかる

自分のサイトを立ち上げて、現在は収入の柱の1つとして機能してくれていますが、ここまでくるのに2年半かかりました。

  • 外で働きつつブログを書く
  • ライターの仕事をしつつサイト運営をする

といったように、いくつかの仕事を同時に進めていくのがおすすめです。

私自身すごく時間はかかったけれど、念願の息子を学童に入れずに収入も減らさないという状態を作れたのでとてもよかったです!

ライターの仕事は仕事の量を自分のペースで調整できるので兼業しやすいのがいいですね。

どんな人におすすめ?

今までがんばってきた仕事を「母親だから」という理由で女性だけが我慢して辞めなければならないのは間違っていると思います。

そういう場合は家族で話し合って解決策を探す方が良いです。

ブログやサイトはこんな人におすすめ!

  • 文章を書くこと、読むことが好き
  • 好きなこと、得意なこと、興味があることがある
  • 無収入の期間も心折れずにがんばりきれる根性がある
  • 一人での孤独な作業を楽しめる

ブログやサイト運営って、始めるのはまぁまぁ簡単なんですけど、継続するのが大変なんです。

途中で一休みしてもいいのでがんばれると後々に繋がっていくので、ぜひいろんな人にトライしてみてほしいなぁと思います。

お仕事しながら稼ぐこんなブロガーさんも!

小一の壁を乗り越えよう♪

ライターの仕事に加えて自分のブログ、サイトがあれば、急に仕事を休まなければならないような事態にも臨機応変に対応することができます。

もちろん、やろう!と思って初めてもすぐに稼げるようにはならないけれど、続けていればきっと役に立ってくれるはず。

co_panda
co_panda
私も途中で放置してる期間があったりしたけれど続けてきて本当に良かったと思っています!